虚無感の中での無双感

あまりに無が続くと、何物にも自分はなれないのではないかと思うけど、その何者は自分ではないことに気づき、私はまた私に戻るのだ。