4.15

日経平均225 16848.03 -63.02

TOPIX 1361.40 -9.95

f:id:zichi0:20160415181524p:plain

 

f:id:zichi0:20160415182321p:plain

 

 

日経平均は4日ぶり反落、短期加熱感重し 利益確定売り優勢に

日経平均は4日ぶりの反落になった。

為替は1ドル109円公安と円安に振れるも、短期的な加熱感が重になり、主力株[1]を中心に利確売り。大引けにかけては、17日にドーハで開れる産油国会合の結果を見極めたいとの姿勢。

日経平均は前日まで3営業日で1100円を超したため、序盤から売り優勢。短期筋とみられる先物買いが続き、下げ幅を縮小、一時プラス圏に浮上も。

中国の第一四半期のGDPは前年同期比6.7%増と市場の予測並みだが、3月の鉱工業生産は予想を上回った。これを背景に日経は16928円まで上昇したが、その後利確売りで、下げに転じる。

参考:http://jp.reuters.com/article/nikkei-drop-idJPKCN0XC0K6?sp=true

 

気になったニュース

第1四半期中国GDPの伸び率6.7%に鈍化:識者はこうみる

中国国家統計局が15日発表した第1四半期のGDPは前年同期比6.7%増となり、事前の予想と一致。2015年第4四半期の6.8%増からは鈍化。

コムセックの首席エコノミスト

「…世界にとって総じて安堵感が持てる内容だ。全てが市場予想を上回り、経済のリバランス化が計画通り進んでいることを示している。…」

ユナイテッド・オーバーシーズ銀行エコノミスト

「中国経済のハードランディングへの懸念は若干行きすぎている。PMI[2]や鉱工業生産、小売売上など中国の経済指標は、国内経済の安定性を示している。…3月の輸出データはかなりの回復傾向を示している。」

みずほ証券(香港)のアナリスト

「積極的な金融緩和と財政措置による効果が初めて見られた。インフラ投資が実現し、新規事業が始まり、住宅市場も回復していることを踏まえるとトレンドは明確で、実際には第2四半期に一段の改善が示されるだろう。3月の新規人民元建て融資は1兆3000億元を超えた。第1四半期では新規融資では4兆5000億元に達し、歴史的な高水準となった。…第2、第3四半期の伸びは第1四半期をかなり上回る見通しだ。もちろん、重要なのは政府が景気刺激策を解除した場合にこの伸びが持続するかどうかだ。刺激策はかなり積極的で、特にマネーサプライM2[3]伸び率は高水準に達し、政府の目標を上回った。」

コンメルツ銀行のエコノミスト

「…次の3つの要因が中国経済の安定化を助けたと考えられる。まず第1に、不動産及び住宅ローン支援策によって過去数四半期の不動産販売がかなり好調である点。第2に、第1四半期の金融政策及び財政政策がより積極的になった点。第1四半期の新規融資は過去最高に達した。第3に、第1四半期に中国企業が在庫補充を始めた点。湾口の鉄鋼石在庫は第4四半期以降、徐々に増加している。」

参考:http://jp.reuters.com/article/china-q1-gdp-idJPKCN0XC0GJ?sp=true

 

ギリシャ改革で合意近い、IMFと相違解消可能=欧州委副委員長

EUの欧州委員会のドムブロフスキス副委員長(ユーロ問題担当)は14日、ギリシャの改革状況について、同国政府と支援国が合意に近づいているとの見解を明らかにした。

ギリシャは昨年、2018年にGDP比3.5%の基礎的財政収支(プライマリーバランス)[4]の黒字を実現することで合意した。

ギリシャは年金や個人所得税の改革、民営化基金の設立、徴税の強化などを求められており、全ての面で進展が見られると評価した。

 

ブラジル最高裁が弾劾採決差し止めを却下、大統領は窮地に

ブラジル最高裁は15日、下院で17日に予定さえるルセフ大統領の弾劾をめぐる採決の際止め請求を却下した。

カルドソ司法長官は、今回の弾劾手続きに不備があったとして、大法廷が判断するまで下院採決の差し止め命令下すように求めていた。

予算を不正に操作したとの批判を浴びるルセフ大統領は、最後まで戦う姿勢を示しているが、最大政党のブラジル民主運動党(PMDB)などの連立与党の政権離脱が相次いだことで、弾劾反対派の集票が難しくなってきている。

参考:http://jp.reuters.com/article/brazil-politics-supreme-court-idJPKCN0XC0CR

 

豪中銀、アジア勢の不動産購入のリスク指摘=金融安定報告

豪準備銀行(RBA)は15日、金融安定報告書を公表し、国内金融市場は全体として両行だが、住宅・商業・資源セクターのリスクが高まっており、中止する必要があるとの認識。

報告書は「住宅開発業者向けの融資や銀行の商業用不動産ポートフォリオで、多額の損失が発生する可能性がリスクのひとつだ。過剰供給への懸念がある」と分析。

「銀行の資源関連のエクスポージャー[5]も、さらに圧力を受ける兆しが出ている。ただ、これは、銀王のエクスポージャー全体のごく一部に過ぎない」との見方。

昨年の商業用不動産の取引のうち40%は外国人の購入によるもので、不動産価格上昇の原因になったとも指摘。

特に、住宅・商業用不動産とも中国人投資家の購入が目立つとし、「もし中国の需要が大幅に低下すれば、国内不動産価格の重しとなり、銀行の広範な不動産関連エクスポージャーの損失につながる恐れがある」との見方。

これらの国内リスクのいずれも、それだけでは金融システムの機能を大幅に低下させるにはいたらないものの、他で生じた大きなショックを悪化させる可能性はあるとした。…

参考:http://jp.reuters.com/article/australia-economy-rba-idJPKCN0XC086

 

 

[1]時価総額の規模、売買代金、出来高などが平均的に上位に位置し、市場をリードしていくような株式銘柄のこと。主力株の動向が市場の全体的な流れを読む目安となるため、注目される。東証一部上場銘柄のうち、日経平均株価に採用されている225銘柄やTOPIX Core30の算出対象銘柄などが主力株に該当する。ジャスダック市場では、JASDAQ-TOP20に採用されている銘柄などが主力株といえる(野村証券 証券用語解説集)

[2]景気の方向性を示す経済指標で速報性の高さから金融市場で注目される。正式名称はPurchasing Managers’ Index(購買担当者景気指数)。企業の購買担当者に新規受注や生産、雇用の状況など景況感についてアンケート調査した結果を指数化し、50を判断の分かれ目としてこの水準を上回る状態が続くと景気拡大、逆に50を下回る状態が継続すると景気減速を示す。大概は製造業と非製造業に分けて発表されるが、主に製造業の動向が着目される。PMIは世界各国で集計・発表されているが、最近は世界経済を左右する中国の結果が話題になることが多い。中国では中国国家統計局と中国物流購入連合会が共同で調査しているものと、英金融大手HSBCが独自でまとめたものの2種類がある(同上)

[3]日本銀行の場合)マネーストックとは、基本的に、通貨保有主体が保有する通貨量の残高(金融機関や中央政府が保有する預金などは対象外)です。通貨保有主体の範囲は、居住者のうち、一般法人、個人、地方公共団体地方公営企業が含まれます。このうち一般法人は預金取扱機関、保険会社、政府関係金融機関、証券会社、短資等を除く法人です。

 

マネーストック統計の各指標(M1、M2、M3、広義流動性)の定義は、以下の通りです。

 

M1:    対象金融機関(全預金取扱機関):M2対象金融機関、ゆうちょ銀行、その他金融機関(全国信用協同組合連合会信用組合労働金庫連合会労働金庫、信用農業協同組合連合会農業協同組合、信用漁業協同組合連合会、漁業協同組合)

M1=現金通貨+預金通貨

現金通貨:銀行券発行高+貨幣流通高

預金通貨:要求払預金(当座、普通、貯蓄、通知、別段、納税準備)-調査対象金融機関の保有小切手・手形

M2:    対象金融機関:日本銀行、国内銀行(除くゆうちょ銀行)、外国銀行在日支店、信金中央金庫、信用金庫、農林中央金庫商工組合中央金庫

M2=現金通貨+国内銀行等に預けられた預金

M3:    対象金融機関:M1と同じ。

M3=M1+準通貨+CD(譲渡性預金)=現金通貨+全預金取扱機関に預けられた預金

準通貨:定期預金+据置貯金+定期積金外貨預金

広義流動性:       対象機関:M3対象金融機関、国内銀行信託勘定、中央政府、保険会社等、外債発行機関

広義流動性=M3+金銭の信託+投資信託金融債+銀行発行普通社債+金融機関発行CP+国債+外債

マネースストックの概要:https://www.boj.or.jp/statistics/outline/exp/exms.htm/

 

[4]基礎的財政収支(プライマリー・バランス)とは、税収・税外収入と、国債費(国債の元本返済や利子の支払いにあてられる費用)を除く歳出との収支のことを表し、その時点で必要とされる政策的経費を、その時点の税収等でどれだけまかなえているかを示す指標となっています。(財務省https://www.mof.go.jp/faq/budget/01ad.htm

[5]投資家の持つポートフォリオのうち、直接的にかかわる特定のリスクにさらされている資産の割合のこと。また、市場の価格変動の影響度合いを意味する感応度しても用いられる。株式では先物やβが、債券ではデュレーションやコンベクシティが、それぞれエクスポージャー(感応度)調整で利用される。英語表記はExposure。(野村証券 証券用語解説集)