読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴史の覚え方

歴史の覚え方

なんとなく、歴史が得意だったので、中学生と歴史を勉強するのが嫌いだった大人に向けて書いてみたいと思います。ポイントは一度に大量に覚えないということです。

 

・歴史はゴロで覚えるものだ!という勘違い

1192(イイクニ)つくろう鎌倉幕府(今は1185(イイハコ))。

このように、ゴロと年代を合わせて覚えている人も多いのではないでしょうか。確かに、このようにフレーズで覚えるのは楽しさと口覚えのよさがありますが、全ての年号をこれで覚えようとなると、大量のフレーズを覚えることになります。このように、覚えること、つまり暗記が嫌いだから歴史が嫌いという人も少なくないようです。

 

・覚えることを少なくするには?

暗記は大変です。なので、覚えることを少なくしましょう!そのために、オススメなのは、歴史を「流れ」で理解することです。歴史は因果関係があります。「Aが起きたからBが起きる」という連続です。そのため、「Aが分からなくて、Bにつながらない」や「AとBの関係性がわからない」から、暗記に頼らざるを得ない状態になります。

  

・流れをおさえるためには、気を抜きながら教科書をよむ

そこで、まずおすすめするのが、「気を抜きながら教科書を読んでみる」です。章に区切って、適当に読むことが重要です。読後の感想は、なんかよくわからなかった、で結構です。次になにがよくわからなかったのか、30秒くらい時間をとって紙に書いてみましょう。そしたら、また適当に読みましょう。歴史はベッドやフトンの中でできる数少ない科目です。そのまま寝落ちもOKです。

 

・流れに杭を打ち込む

流れをだいたい覚えたら、次に杭を打ち込みます。マンションのではありませんので、こちらも適当にやります。杭はズバリ、何世紀などの年号と天皇や将軍、総理大臣などの人物名です。これらが役に立ちます。室町時代だと、こんな感じです。

 

室町幕府 だいたい14世紀くらい】

初代:足利尊氏

 南北朝

3代:足利義満

 勘合貿易

8代:足利義政

 応仁の乱

 

室町幕府を例にとると、最初に覚えることはこのくらいです。めっちゃ少ないです。

 

・杭を打ち込んだ間に杭を打ち込んでいく

さて、室町幕府のだいたいの「流れ」がわかりました。次にやるのは、すでに打ち込んだ杭を目印に、さらに杭を打っていきます。このときに自分たちが普段使っていることばをつかうとたのしいです。

 

室町幕府 だいたい14世紀くらい】

室町幕府ってなんでできたの?

鎌倉幕府だめになる 尊氏とかがボコボコにする

後醍醐天皇 建武の新政 2年だけ

初代:足利尊氏

 南北朝 

後醍醐天皇 南 あきらめきれない

  公明天皇  北 尊氏がうしろにいる

3代:足利義満

 勘合貿易 明と貿易 倭寇がやばかったから

 金閣寺 金閣寺を北山につくったから北山文化

8代:足利義政

 応仁の乱

 戦国時代始まる 下剋上

 

と、こんな感じで少しずつ覚えることを増やしていきます。なので、ここらへんになると白い紙に流れを書いて、教科書を見ながら太文字やキーワードを書き込んでいくのがおすすめです。書き込みが終わるころには、一枚の紙がぐちゃぐちゃできったなくなっているのが理想です。

  

・どういう仕組み?

「流れ」と「杭」は、何もない状態に知識のインプットと区分けをすることを目的にしています。「流れ」、つまり最初のインプットを丁寧に行う必要はないと思っています。理由はふたつあって、まず、真面目に教科書を読むと、覚える量があまりに多すぎて嫌になります。次に、リラックス状態の意識は新しい情報を受け取りやすいといわれています[1]。そのため、肩肘を張らずに、「適当に」読むのがいいと思います。「わからないこと」を紙に書くのは、なにがわからないかをわかるためです。わからないことがわかれば次に読むときに引っかかるようになります。

 

「杭」の目的は、「流れ」を区分けするためです。「杭」があるおかげで、情報のまとまりをつくって、そこに情報を入れることができます。例えば、足利尊氏なら、室町幕府の初代将軍という情報のまとまりができます。そこにインデックスとして、尊氏と関係のある情報を突っ込んでいくという形です。尊氏さえ覚えておけば、尊氏から関連して思い出せる仕組みです。(間違えたときも、「尊氏のところをミスった!」となり、復習すべきところが明確になります。)

 

「流れ」と「杭」、そして「杭の間の杭」を紙に書くのは、情報と情報を繋げていくことと、それを目で見て認識することです。簡単な「流れ」と「杭」に情報を足していく事で、覚えた情報と新しい情報をくっつけます。マインドマップの汚いバージョンみたいな感じです。個人的にですが、この作業が一番楽しい気がします。知らない事と知っている事が、目に見えて繋がっていきますし、これをやると教科書を必然的に何回も読むことになり、勝手に覚えてしまいます。

 

 

[1] 『リラックスすると記憶力が上がる。そのメカニズムが明らかに』http://www.lifehacker.jp/2010/03/100326relaxed_mind_remember_better.html

もちろん、プレッシャーがかかる方が覚えられるという人もいます。(私はリラックス派ですが、、、)