読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になったニュース

気になった記事をまとめてみました。

 

(いくつかの文書は私が編集しており、情報の正確性は担保されておりません。)

 

 

ソース UPDATE 3-ECB理事会後のドラギ総裁の発言要旨

http://jp.reuters.com/article/2015/12/03/idJPL3N13S4N820151203

3日、欧州中央銀行(ECB)は、中銀預金金利を-0.20%から-0.30%に引き下げた。これは市場の予想どおりであった。また、主要政策金利(リファイナンス金利[1])は0.05%に維持された。ドラギ総裁の会見要旨の記事より、主要ポイントをあげる。

外国為替レート

外国為替レートは政策目標ではないが、物価の安定と成長にとって、当然、重要な要素になる。

・資産買入プログラムの延長

現在の資産買入プログラムでの月額600億ユーロの買入は、2017年3月もしくは、必要に応じそれ以降も、理事会が中期目標のインフレが2%をやや下回る水準を持続的に行われていると判断されるまで。

 

参考:ECB  Introductory statement to the press conference

https://www.ecb.europa.eu/press/pressconf/2015/html/is151203.en.html

 

 

「17年度でも2%の可能性低い」 日銀審議委員が主張

http://www.asahi.com/articles/ASHD35SR3HD3ULFA03K.html

日本銀行の木内審議委員[2]は、2%の物価目標について、「2017年度まで、視野を入れても達する可能性は低い」との考えを示した。

 

  

FRB議長、議会証言で前向きな経済認識表明

http://jp.reuters.com/article/2015/12/03/yelen-fed-idJPKBN0TM24A20151203

FRBのイエレン議長は、上下両院経済合同委員会の証言で、現在の見通しと10月のFOMC以降のデータは、政策担当者が示した利上げの条件に沿ったものになっていると認識を示した。前日の講演で、低水準の失業率と緩やかな成長ペース、インフレ率が目標の2%を回復すると確信していることなどに言及した。議長は利上げの言及はなかったが、「労働市場での進展、長期インフレ期待が抑制され続けるとの自分自身の判断が、インフレ率が2%を回復するとの革新の根拠となっている」と述べた。

 

 関連:米新規失業保険申請、先週は9000件増

http://jp.wsj.com/articles/SB11984305046321184388704581393663193504324

“米国の先週の新規失業保険申請件数は増加したものの、過去最低水準にとどまった。”

  

関連米10月製造業受注は1.5%増、輸送機器好調で3カ月ぶりのプラス

http://jp.reuters.com/article/2015/12/03/us-factory-orders-idJPKBN0TM2IQ20151203

“米商務省が3日発表した10月の製造業受注は前月比1.5%増で、3カ月ぶりにプラスに転じた。輸送機器など需要が幅広く増え、全体水準を押し上げた。市場予想は1.4%増だった。9月の数字は当初発表の1.0%減から0.8%減に上方修正された。”

 

 

イラン、中国との原油輸出契約を延長 制裁解除控え=関係筋

http://www.asahi.com/international/reuters/CRWKBN0TM0Y6.html

“イランが欧米による経済制裁の解除を控え、原油輸出拡大の準備を進めている。関係筋によると、中国の大手2社との契約を2016年まで延長したほか、他の見込み顧客とも交渉を開始したという。イランは核開発問題をめぐる経済制裁以前、石油輸出国機構(OPEC)第2位の原油輸出国だった。来年前半には日量50万バレルの増産を目指しており、これは現在の輸出高の約半分に当たる規模だ。”

 

 

米ヤフー、ネット事業売却か=経営再建で-メディア報道

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201512/2015120400005&g=eco

米ヤフーが経営の再建に向けて、ネット事業の売却をするかどうか、検討に入ったと複数のメディアが報じた。ネット事業は検索、広告サービス、電子メールサービス、ニュースサービスなど。同社のもつ阿里巴巴(アリババ)集団の株式の扱いも検討し、日本のヤフージャパンの株式売却の可能性も言及している。

 

 

 

 

 

[1] リファイナンス金利とは、債務を返済する際、新規の融資を受けるときの金利のこと。中央銀行が決定する主要政策金利のひとつ。

[2]木内 登英(きうち たかひで、1963年11月29日 - )は、日本のエコノミスト日本銀行政策委員会審議委員(2012年7月24日就任)。 元野村証券金融経済研究所経済調査部長。千葉県出身。(wikipediaより)

過去の自分に教えたいこと―テストを解くには?

 

 今の自分が大学院に入学したての自分にアドバイスするとしたら何を言うか?と考えてみました。今日はテストを解く方法について、「失敗点」と「伝えたいこと」に分けて書いていきたいと思います。

 

自分の失敗点:インプットの量を増やし続ける。

 

 問題を間違えることが嫌なので、問題を見る前に、テキストやパワーポイントを読み込み、知識を固めてから問題にあたりました。問題を解くのに長時間をかけて、時間を大量に消費しました。

  時間対効果がいいとは言えません。確かに、ある程度できるようになりましたが、同時に、非常に時間がかかりました。

 このときに求めていたのは「安心」です。これだけ努力したから「できるはずだ」という期待を持って問題やテストに当たりに行きました。

 

伝えたいこと:アウトプットの質にこだわる。テストで結果を出すために、インプットと演習のアウトプット量を増やす。

 

 まず問題を見てみることです。明らかにできれば、必要なことと必要ではないことをはっきりさせ、範囲を定めます。

 そして、さっとインプットを行い、問題演習に時間をかけます。最初の問題演習での間違いは当然とし、「なぜ間違えたのか」をしっかりと考えます。そして、同じ問題を確実に解けるようにし、問題を解く流れを頭に入れます。

  さらに、類似の問題を解いたりしながら、知識の定着を狙います。

 

 

 まとめると、当初、自分が失敗した理由は、インプットをどれだけ増やすかに力を注ぎ過ぎていて、本来のテストで点を取るという目標をないがしろにしていたからでした。そのため、これを反省して、テストの点を上げるための問題演習や失敗の分析をし、問題を解くための流れやロジックを習得するやり方に徐々に方針を転換していきました。

 

 さらに、過去の自分にアドバイスできるとすれば、計画性と時間を意識することです。大学院のときは長時間勉強しないと勉強した気分になりませんでした。そのため、無駄なこともたくさんやりました[1]

 

 計画性として、もしテストがあれば、テストの日から2週間前から準備を始めます。この2週間を分割し計画をたて、やるべきことをやります。そして、時間を意識しながら、失敗の理由を集中して考えます。

 

 僕の集中して考えることができる時間は30分から50分くらいなので、これを1単位として休憩をはさみながらやることをおすすめするために、過去に戻りたいです!

 

 

[1] たくさん無駄なことをすることで、無駄を発見でき、そぎ落とすべきものを知ることができる気もします。なので、時間があれば、自分が満足するまで勉強するというのもいいかもしれません。僕は気になるといろいろなものを調べだすタイプなので、人一倍回り道をしましたが。。。

 

 

 

 

歴史の覚え方

歴史の覚え方

なんとなく、歴史が得意だったので、中学生と歴史を勉強するのが嫌いだった大人に向けて書いてみたいと思います。ポイントは一度に大量に覚えないということです。

 

・歴史はゴロで覚えるものだ!という勘違い

1192(イイクニ)つくろう鎌倉幕府(今は1185(イイハコ))。

このように、ゴロと年代を合わせて覚えている人も多いのではないでしょうか。確かに、このようにフレーズで覚えるのは楽しさと口覚えのよさがありますが、全ての年号をこれで覚えようとなると、大量のフレーズを覚えることになります。このように、覚えること、つまり暗記が嫌いだから歴史が嫌いという人も少なくないようです。

 

・覚えることを少なくするには?

暗記は大変です。なので、覚えることを少なくしましょう!そのために、オススメなのは、歴史を「流れ」で理解することです。歴史は因果関係があります。「Aが起きたからBが起きる」という連続です。そのため、「Aが分からなくて、Bにつながらない」や「AとBの関係性がわからない」から、暗記に頼らざるを得ない状態になります。

  

・流れをおさえるためには、気を抜きながら教科書をよむ

そこで、まずおすすめするのが、「気を抜きながら教科書を読んでみる」です。章に区切って、適当に読むことが重要です。読後の感想は、なんかよくわからなかった、で結構です。次になにがよくわからなかったのか、30秒くらい時間をとって紙に書いてみましょう。そしたら、また適当に読みましょう。歴史はベッドやフトンの中でできる数少ない科目です。そのまま寝落ちもOKです。

 

・流れに杭を打ち込む

流れをだいたい覚えたら、次に杭を打ち込みます。マンションのではありませんので、こちらも適当にやります。杭はズバリ、何世紀などの年号と天皇や将軍、総理大臣などの人物名です。これらが役に立ちます。室町時代だと、こんな感じです。

 

室町幕府 だいたい14世紀くらい】

初代:足利尊氏

 南北朝

3代:足利義満

 勘合貿易

8代:足利義政

 応仁の乱

 

室町幕府を例にとると、最初に覚えることはこのくらいです。めっちゃ少ないです。

 

・杭を打ち込んだ間に杭を打ち込んでいく

さて、室町幕府のだいたいの「流れ」がわかりました。次にやるのは、すでに打ち込んだ杭を目印に、さらに杭を打っていきます。このときに自分たちが普段使っていることばをつかうとたのしいです。

 

室町幕府 だいたい14世紀くらい】

室町幕府ってなんでできたの?

鎌倉幕府だめになる 尊氏とかがボコボコにする

後醍醐天皇 建武の新政 2年だけ

初代:足利尊氏

 南北朝 

後醍醐天皇 南 あきらめきれない

  公明天皇  北 尊氏がうしろにいる

3代:足利義満

 勘合貿易 明と貿易 倭寇がやばかったから

 金閣寺 金閣寺を北山につくったから北山文化

8代:足利義政

 応仁の乱

 戦国時代始まる 下剋上

 

と、こんな感じで少しずつ覚えることを増やしていきます。なので、ここらへんになると白い紙に流れを書いて、教科書を見ながら太文字やキーワードを書き込んでいくのがおすすめです。書き込みが終わるころには、一枚の紙がぐちゃぐちゃできったなくなっているのが理想です。

  

・どういう仕組み?

「流れ」と「杭」は、何もない状態に知識のインプットと区分けをすることを目的にしています。「流れ」、つまり最初のインプットを丁寧に行う必要はないと思っています。理由はふたつあって、まず、真面目に教科書を読むと、覚える量があまりに多すぎて嫌になります。次に、リラックス状態の意識は新しい情報を受け取りやすいといわれています[1]。そのため、肩肘を張らずに、「適当に」読むのがいいと思います。「わからないこと」を紙に書くのは、なにがわからないかをわかるためです。わからないことがわかれば次に読むときに引っかかるようになります。

 

「杭」の目的は、「流れ」を区分けするためです。「杭」があるおかげで、情報のまとまりをつくって、そこに情報を入れることができます。例えば、足利尊氏なら、室町幕府の初代将軍という情報のまとまりができます。そこにインデックスとして、尊氏と関係のある情報を突っ込んでいくという形です。尊氏さえ覚えておけば、尊氏から関連して思い出せる仕組みです。(間違えたときも、「尊氏のところをミスった!」となり、復習すべきところが明確になります。)

 

「流れ」と「杭」、そして「杭の間の杭」を紙に書くのは、情報と情報を繋げていくことと、それを目で見て認識することです。簡単な「流れ」と「杭」に情報を足していく事で、覚えた情報と新しい情報をくっつけます。マインドマップの汚いバージョンみたいな感じです。個人的にですが、この作業が一番楽しい気がします。知らない事と知っている事が、目に見えて繋がっていきますし、これをやると教科書を必然的に何回も読むことになり、勝手に覚えてしまいます。

 

 

[1] 『リラックスすると記憶力が上がる。そのメカニズムが明らかに』http://www.lifehacker.jp/2010/03/100326relaxed_mind_remember_better.html

もちろん、プレッシャーがかかる方が覚えられるという人もいます。(私はリラックス派ですが、、、)

 

 

 

Rを勉強しようと思って

Rの勉強をしようと思って、こんな本を読んでいます。

 

Rによる計量経済分析 (シリーズ〈統計科学のプラクティス〉)

Rによる計量経済分析 (シリーズ〈統計科学のプラクティス〉)

 

 

計量経済学をある程度知っていて、統計ソフトをいじったことがある人がやるとサクサクと進むと思います。

 

もちろんはじめての人も、片手に計量経済学のわっかりやすい本があるといけると思います。

 

この本に必要なデータセットRによる計量経済分析にあるので、手を動かしながらRに慣れる事が出来ます。

 

クロスセクション分析、時系列分析、パネルデータ分析など、データ分析の手法が一通りあり、各モデルの復習をしながらRの操作を覚えられて、個人的にいいかんじです。

 

 

 

 

 

 

 

自分用メモ:クラウドコンピューティング (cloud computing)

クラウドコンピューティング (cloud computing

 

クラウドコンピューティングとは

クラウドコンピューティングとはコンピュータネットワークをベースとしたコンピュータ資源の利用形態のことをいう。コンピュータネットワークとは、複数のコンピュータを接続する技術、または接続されたシステム全体をさす。クラウドはユーザーがインターネットから計算資源のサービスをえるものである。通常、ユーザーは自分のコンピュータでハードウェア、ソフトウェア、データなどを保有、管理している。クラウドに必要なものはコンピュータの接続環境とサービス使用料のふたつである。処理が実行されるコンピュータおよびネットワークは、サービス提供をしている企業に置かれる。これらのサーバ群をクラウドという。具体的なイメージとして、例えば、メールがある。メールを自分のパソコンだけでなく、スマホや別のパソコンから見ることができるサービスもクラウドサービスのひとつである。

クラウドサービスには主にSaaS (Software as a Service)、PaaS(Platform as a Service)、HaaS, Iaas(Hardware as a Service, Infrastructure as a Service)のみっつに分類される。SaaSはインターネットを経由したソフトウェアパッケージを提供するものである。コンピュータにアプリケーションがなくても、サーバにアクセスすることでサービスを使うことができるものである。例えばGmailhotmailなどwebメールサービスがそれにあたる。

PaaSはインターネットを経由したアプリケーションの開発および運用するプラットフォームの提供をするものである。アプリケーションを実行する環境を提供するサービスなので、システム開発者または管理者向けサービスということができる。

HaaS, IaaSはインターネットを経由したハードウェアなどのインフラを提供するものである。ユーザーはクラウド上でインフラを利用できるので、ハードウェアを所有せず、仮想サーバやストレージ(外部記憶装置)を使うことができる。

 

はじまり

2006年にGoogleのCEOであるエリック・シュミットクラウドコンピューティングについて発言したことが最初とされる。この発言以降、アマゾン、IBM、Yahoo、GoogleMicrosoftなどの会社がクラウドコンピューティングに本格的に参入し始める。しかし、ネットワークを経由したサービス提供により、コンピュータ処理を行うという形は昔から存在していた。たとえば、1991年ころからアプリケーションサービスプロバイダASP)などのネットワーク経由のアプリケーションなどのサービスを提供するプロバイダがあった。そのため、ASPSaaSの違いはほとんどないといわれる。

 

 

はじめますた

はじめますた

 

修士で経済学をやっているものです

 

あ、でも、そろそろ卒業するんですけどね。。。

 

経済学を勉強していると昔の友達に言うと

 

「大学院で勉強してるんだから、これからの経済のこと教えてよ」

とか

「儲かる株を教えろ(脅迫」

とか

 

言われます。

 

<<そんなの僕が知りたいわ!!>>

 

てことで、このブログでは経済予想とかっていう危険地帯からはできるだけ離れて書いていきたいと思います。

 

なので、感じるままのことをゆるーく、てきとーに書いていく場所にできたらなーと思っています。

 

本日は以上になります。